So-net無料ブログ作成
検索選択

トップインフォメーション

手塚治虫 ブログトップ

「BUDDHA2 手塚治虫のブッダ―終わりなき旅―」がすごい!!! [手塚治虫]

松山ケンイチ、大物女優からラブコール



 2月8日公開のアニメ映画「BUDDHA2 手塚治虫のブッダ―終わりなき旅―」舞台挨拶に出席した(左より)小村敏明監督、大和田伸也、松山ケンイチ、吉永小百合、吉岡秀隆、観世清河寿、森下孝三プロデューサー 俳優の松山ケンイチが、大物女優からラブコールを受けた。



◆松山ケンイチ、大物女優からラブコール

松山は10日、都内で執り行われた手塚治虫原作のアニメ映画「BUDDHA2 手塚治虫のブッダ―終わりなき旅―」の舞台挨拶に、吉永小百合、吉岡秀隆らと登場しました。

◆吉永小百合がラブコール

吉岡演じるシッダールタの母親・マーヤー天役を演じた吉永は、「吉岡さんととても素敵なひと時をアフレコで過ごすことができて大変嬉しく思っております。かわ良いご子息です」とすっかり母の表情。吉岡は、「小百合さんのすごいオーラを受けましました。とてもありがたかったです」とスマイルで応じた。

さらに吉永は、「今日は『ブッダ2』の完成披露試写会ですが、『ブッダ3』が完了することになりましたら、松山ケンイチさんのおふくろさん役をやらせていただきたいと思っております」と次回作へ向け、ラブコールを送った。

◆松山ケンイチ、役への想い

タッタ役を演じた松山は、役柄について作品の中で“最も翻弄された人間”と語る。「一番好きなキャラクターだったので、今回ずっと『お願いします』とキャスティングの人に頼み込んでいました」と役へ強い憧れがあったことを明かしました。「そういえば声優の仕事をほとんどやったことがなかったなと、うっかり忘れていたんですが、今回トレンドたい気持ちだけでやらせてもらった感じです」と収録を振り返った。

催しものには他、観世清河寿、大和田伸也、小村敏明監督、藤原通り道山尺八奏者、森下孝三プロデューサーが登壇しました。

◆「ブッダ2」

手塚治虫が10年の歳月をかけて描いた「ブッダ」映画版の2作目。2011年に公開された1作目の続編にあたる今作は、恵偶さかた環境を捨て、真実を求めるために旅だったシッダールタと、彼が出会う人々とのドラマが壮大なスケールで展開する。

また、本作の主題歌は浜崎あゆみが担当。台本を読んで書き下ろしたという「Pray」で、「ブッダ2」の世界観をさらに彩る。

なお、映画「BUDDHA2 手塚治虫のブッダ―終わりなき旅―」は2月8日、全国ロードショー。


 


http://news.livedoor.com/article/detail/8425180/
※この記事の著作権は配信元に帰属します








nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
手塚治虫 ブログトップ
広告スペース
Copyright © 難民の気になるアニメ・漫画ニュースメモ All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。