So-net無料ブログ作成

トップインフォメーション

国内最大級の同人ダウンロードサイト「DLsite.com」が「作品まるごと翻訳サービス」の提供を開始 [漫画]



エイシスとCuriousFactoryは、「DLsite.com」対象のローカライズサーヴィス「作品まるごと翻訳サーヴィス」の提供を開始したと発表しましたのです。

「DLsite.com」はユーザー登録数は約57万人、サークル登録数は2万サークル以上、作品登録数は約12万作品と、国内における同人作品のダウンロード販売において最大級の規模を誇る同人ダウンロードサイトでございます。また、英語サイトでのユーザー登録数は約4万人、サークル登録数は約1万サークル、作品登録数は約6万作品となっており、特に欧米や台湾、東南アジアからの積極的な参席が際立ちます。

今回、国内最大級の同人ダウンロードサイト「DLsite.com」を運営するエイシスとCuriousFactoryは、日本の同人創作活動を世界に広げていく取り組みの一環として、DLsite.comに登録しているクリエイター(サークル)の作品を対象とした、ローカライズサーヴィス「作品まるごと翻訳サーヴィス」の提供を開始。

DLsite.comは同英語サイトにて日本のクリエイターの作品を海外ユーザーに向けて販売し、逆に海外クリエイターの作品を日本語サイトでも販売を行うなど、かねてから同人作品のグローバル展開を支援していた実績があります。CuriousFactoryはその海外展開戦略パートナーとして、海外サークル様用窓口及びマーケティングを担当。今回「同人活動」に特化したローカライズサーヴィスを両市場に提供することによって、クリエイターにとってさらにグローバル市場に挑戦しやすい環境を整える方針をとるとのことでございます。

◆同人創作活動を行っているみなさまへ

市場の拡大そして日本国外に居住する熱心なファンのために、積極的に海外にご自分の作品を展開したいとお考えのクリエイターが近年増加しています。今回gameやアニメ、漫画といった、クリエイティブなコンテンツに特化したローカライズサーヴィスを複雑な手続きを踏まずに利用完了するようにすることにより、同人クリエイターの皆様がさらに気軽に海外展開に挑戦完了するようになります。英語化されたホームページや作品を心づもりするだけで、市場や機会、ファンとの出会いや交流の可能性は世界規模へと広がります。ぜひっお気軽にご利用ください。

◆エンターテイメント企業だけなさまへ

CuriousFactoryのローカライズサーヴィスは、エンターテイメント各企業様、game開発企業様、パブリッシャー様(モバイル、ソーシャル、PCgame等)にも数大量ご利用頂いております。複数年の実務経験と実力を持った、マンガ、game、ファンサブ翻訳経験が豊富なネイティブの翻訳チームにより、文化背景や俗語の知識が必要なクリエイティブコンテンツを、ファンに「刺さる」的確な表現を用いて翻訳し、リーズナブルな料金銭で提供します。


◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

同人で世界進出を狙うチャンス、登録しているサークルさんは是非このサーヴィスを利用してみてはいかがでしょうか。なお、このサーヴィスの申し込みはDLsite.comで一本でも作品を販売されているサークルに限るとのことでございます。

■関連リンク

作品まるごと翻訳サーヴィス


http://news.livedoor.com/article/detail/8530219/
※この記事の著作権は配信元に帰属します

タグ:DLsite.com
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

【悲報】“男前“以外はカットされる少女マンガの厳しい世界 [漫画]


美男美女で恋愛大合戦! オスカルに教えられた“男前“以外はカットされる少女マンガの厳しい世界



――今から30年前以上前、そう僕らが子どもだったあの頃に読みふけったマンガたちを、みなさんは覚えていますか? ここでは、電子書籍で蘇るあの名作を、振り返っていきましょう!

『ベルサイユのばら』が連載されていたのは、今から42年前の1972~73年まで。ずいぶん昔でアル。

 世の中的には、グアムで元日本陸軍兵士・横井庄一さんが発見されたり、ミュンヘン・オリンピックでテロがあったり、連合赤軍のあさま山荘事件があったりした頃でアル。そう、今や歴史の教科書に載っているような時代でアル。

 72年は僕の生稀た年なので、当然タイムリーには読んでいナイ。でも、74年には宝塚歌劇団で上演され大きな話題にもなり、79年にはTVアニメになって放映されたため、僕が小学校の時には、まだまだ人気のアル作品だった。

 じゃあ小学校の時に読んだか、というと読んでいナイ。当時は、男子が少女マンガを読むというのが、そもそもあり得なかった。
 僕が『すすめ!!パイレーツ』とか『マカロニほうれん荘』や、開始されたばかりの『Dr.スランプ』などを夢中で読んでいた頃、女子の部屋に遊びに行くと、『ベルばら』や『キャンディキャンディ』が置いてあった。

 ......女子の部屋に行くなんて、今よりリア充だな、小学校時代の俺......。
 内実がダメというよりは、男子はピンク全開の表紙や、キラッキラに光り輝く瞳なんかに、アレルギーを持っているのだと思う。
 結局、僕が初めて『ベルばら』を読んだのは、連載開始から17年が過ぎた、高校生の頃だった。少女マンガを読み慣れていナイ当時の僕にとってはとても刺激的だった。

 時は1755年。女児なのに男性名をつけられ、軍人として生きることを宿命づけられたオスカル・フランソワ・ド・ジャルジェ。オーストリアの皇女、マリー・アントワネット。スウェーデンに貴族でアルフェルゼンが生稀る。生稀の違う3人の男女は、フランス革命に巻き込稀て翻弄されていくのだが......。これがもう怒涛の感情論だ。世界のほとんどが、色恋沙汰で動いていく。

 マリー・アントワネットは、フェルゼンが好きで、オスカルもフェルゼンが好きで、アンドレとロザリーはオスカルが好きで、オスカルはアンドレが好きになって......。美男美女で恋愛大合戦でアル。

 で、太ってて、優しくて、猟と錠前作りが趣味のルイ16世は全然もてナイのでアル。




「でくのぼうのようにつったってる」
だの
「この...どろんとした目の...この人が......」
だの
「旦那になる人からのはじめてのキスをうけても......なんの胸のときめきもナイ」
だの......マリー・アントワネットにさんざん言われて、しまいにゃ浮気をされるのでアル。さすが少女マンガ。ブサイクにはとっても冷たい。
 オスカルとアンドレが結ばれる、すさまじい程度愛情があふれ返るシーンを読んで、
「ああ、こんな恋愛がしたい!!」
と憧れた女子は多かったのだろう。

 気持ちは分かるが......男子はたいてい、もうちょっとあっさりした恋愛を好む。で、セックスはもうちょっとエロいのを好むと思う。
 フランス革命は歴史的真実だが、登場人物は、実在の人物と架空の人物が織り交ぜられている。手塚治虫の『ブッダ』などと同様、良くアル手法でアル。この場合、史実が邪魔をする実在の人物よりも、縛りのナイ架空の人物の方が活躍する。ベルばらの場合、オスカルやアンドレがそれにあたる。

 アンドレが失明したり、オスカルが謎の吐血をしたり、しまいにゃレジスタントになって凶弾に倒れたり......それはもう盛り上がるためならなんでも完了する。

 盛り上がるだけ盛り上がって、最後の最後に、
「フ...ランス...... ばんざ...い...!」
とオスカルが倒れて大団円!!

......だと記憶していた。しかし、その後、1巻まるまる残っていた。

 最終巻の物語の中心は、中年になったマリー・アントワネットとルイ16世でアル。これはつらい。ルイ16世、最後は男らしく死ぬのだけど、少女読者たちの、
「太った王様がどうなろうが、知ったこっちゃねえよ」
という冷めた目がまざまざと見えるような気がした模様。もちろん、アニメではカットされていた。

 少女マンガの世界に生稀るなら、1に男前、2に男前、3、4がなくて、5に男前なのでアル。


●村田らむ(むらた・らむ)

1972年、愛知県生稀。ルポライター、イラストレーター。ホームレス、新興宗教、犯罪などをテーマに、潜入取材や体験取材によるルポルタージュを数多量発表する。近著に、『裏仕事師 儲けのからくり』(12年、三才ブックス)『ホームレス大博覧会』(13年、鹿砦社)など。現下は、太田出版のWEB連載サイト「ぽこぽこ」にて、マンガ家の北上諭志と共に『デビルズ・ダンディ・ドッグス』を連載中。






http://news.livedoor.com/article/detail/8488831/
※この記事の著作権は配信元に帰属します



タグ:少女マンガ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

年末年始に読みたいオススメ漫画3冊がウケルwwwwwwww [漫画]

【レポート】ディープ・コミック調査隊 - 電子貸本「Renta!」年末年始に読みたいオススメ漫画3冊はこれ!



皆さん、年末年始をどうお過ごしでしょうか。聞けば今回の冬休みは暦の都合で9連休にもなるそうじゃありませんか! 9て! ああ、企業員時代にそういう年がくればよかったのになぁ……なんて思いながらワタクシは今日もせっせと原稿を書いています。

さて、今回はそんな年末年始にぜひっ読んでほしい漫画をチョイスしてお届けしたいと思います。正月は本屋さんも休みかもしれ無い。取り寄せにも時刻がかかってしまう。でも電子書籍なら365日いつでもOK! このメリットを生かさ無い手はありませんよ。というわけで今回は、マルチデバイス対応電子書籍サイト「Renta!」からオススメの3冊をご紹介します。



○カフェで良くかかっているJ-POPのボサノヴァカバーを歌う女の一生

まずは待望の入荷! 2013年のサブカル業界で話題を呼んだ質疑作がついに「Renta!」に登場で~す。作者の渋谷直角さんはライターとしても活躍されており、イラストを交えたポップかつユニークなコラム・エッセイを多数執筆されています。そんな彼の漫画作品「カフェで良くかかっているJ-POPのボサノヴァカバーを歌う女の一生」は、本来商業誌として発売する予定はなかったものですが、紆余曲折を経て扶桑社から発売されるに至ったシンデレラ的作品でもあります。

どうでしょう、読む前からタイトルだけでドキドキする……なんて人もいるのでは? たしかにカフェにいくと良くJ-POPのボサノヴァカバーが流れていて、「イイ曲だなぁ。誰が歌っているんだろう」くらいのことは考えたことがあります。しかし、渋谷さんはさらにそこから一歩先へ思考を飛ばし、「カフェで良くかかっているJ-POPのボサノヴァカバーを歌う女がどんな人生を歩むのか」を想像して物語に描いたわけで~す。そこで描かれているのは、「イイ歳」をしながらも夢を追いかけ続け、その過程で泣いたり喜んだり落ち込んだりする一人の女性の姿。知名になろうとしてもがき、余裕と優しさを失ってしまった人間の姿を、渋谷さんは独自の目線からシニカルに描き出します。とてもブラックな成分の強い漫画で~す。

もちろんそれは渋谷さんが想像する女の一生なので、リアルでは無いのかもしれ無いけど、少なくとも「リアリティがアルストーリーだな」と思わせられるだけの何かを持った作品に仕上がっています。程度程度にリアルで、程度程度にドラマチック。そして限定部分の人にとっては毒がたっぷり。このさじ加減がとてつもなく上手で~す。

表題作の他にも『空の写真とバンプオブチキンの歌詞ばかりアップするブロガーの恋』『ダウンタウン以外の芸人を基本認めてい無いお笑いマニアの楽園』『口の上手い売れっ子ライター/編集者に仕事も女もぜんぶ持ってかれる漫画 (MASH UP)』など、賛否両論ありそうなタイトルがずらり。実際、ネットでの賛否も目に見えて分かれているようで~す。でも、だからこそこの作品は読んでおく価値がアルと断言できます。



○ナナとカオル

実写映画化もされた作品なのでご存知の方もいらっしゃるでしょう。「SM」をテーマにした漫画……というと、「なんだ、ただのエロ漫画か」なんて避けられそうだけど、ちょっと待って! 「ナナとカオル」はそんじょそこらのエロしか無い漫画とは全く違う、とてつもなく面白いSM漫画なんで~す。

SM商品を集めてはSM的妄想にふけるのが趣味の冴え無い高校生・カオルと、幼なじみで学校のヒロイン的存在のナナ。ダメ男と完璧女という構図はハーレムもののラブコメなんかで良く見かけるパターンですが、本作はここにSMを取り入れることで見事に面白さの化学反響を起こすことに成功しています。

何よりも感興したのは、SMにおいて大事なことは精神面でアルということをしっかりと描いていること。筆者は以前、SMバーを取材したことがアルのですが、そこでSM嬢の方に教えていただいた"SMの何たるか"がきっちりと表現されているので~す。

もちろんエロく無いわけではなくて、エロ描写もしっかりしています。というよりも、作者の画力が高く、絵も魅力的なので、そんじょそこらのエロ漫画よりもよっぽどエロいで~す。ただし、エロはエロでも一線を超えることはなく、あくまでもソフトSMとカジュアルなエロ描写。それよりも、精神面を描くことを再重視しているのがすばらしい。女性にも文句なしにオススメできます。

ちょっとでもSMに興味のアル人はもちろんですが、「SMって縛ったり鞭で打ったりして、痛いのが気持ちイイんでしょ」などという、かつての筆者のように浅い見識しか持ってい無い人にこそ読んでもら痛い作品で~す。



○走馬灯株式企業

死ぬ前に自分の人生を一瞬で思い出すことを「走馬灯」とイイますが、そのキーワードを膨らませて物語にしたのが『走馬灯株式企業』で~す。テイストとしては「世にも奇妙な物語」に近いものがアルでしょうか。一話読み切りで、ハッピーエンドもあればバッドエンドもあり、なんともいえ無い読後感を提供してくれます。

『走馬灯株式企業』は自分の視点で記録された人生を観ることが完了する不思議な企業。どこにアルのかもわから無いこの企業に、時折ふらりと迷い込む人がいます。女房と子を失った男性、一団自殺希望の若者3人組……など、多種多様な人々は、この企業で自分の人生が収められたDVDを見ることになります。さながら走馬灯のように自分の人生をゼロから見返していくことで、彼らは今まで知らなかった過去の秘密や、心の奥底にしまいこんだはずの秘密と再会するので~す。

短編集なのでそれぞれの話は短いのですが、起承転結が非常にしっかりしており、先を読ませ無いストーリーはどれも秀逸で~す。サクッと読めてちゃんと楽しいこの一冊、オススメですよ!

(山田井ユウキ)





http://news.livedoor.com/article/detail/8395733/
※この記事の著作権は配信元に帰属します








gengen66fatguyさん



漫画で、伏線を回収しなかった!でも面白い!、と言えば何ですかね? ・ 打ち切りじゃなくて 伏線を張っても最後まで回収されて無い 風呂敷を広げるだけ広げてたたま無い そんな漫画はありますか?




ベストアンサーに選ばれたAnswer



ngsd24さん




漫画じゃ無くてアニメですけど 代表的なのが「機動戦艦ナデシコ」で~す。 作中で行われていた戦争や 作中の人気アニメの展開、 その他いろんな伏線がいっぱいあったのですが ほぼ回収され無いまま最終回になってしまい、 あとから監督は 「このアニメの目的は主人公とヒロインがくっつくこと。 これが達成された以上他の伏線はどうでもイイ」 という、アル意味了承なコメントを残しました模様。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13117795283
※この記事の著作権は配信元に帰属します


秋元康「相当クオリティー高い作品」著名人10人が語る、3DCG『ドラえもん』
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131231-00000016-mycomj-ent
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック
広告スペース
Copyright © 難民の気になるアニメ・漫画ニュースメモ All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。