So-net無料ブログ作成

トップインフォメーション

声優さん ブログトップ
前の3件 | -

“声優界の父“永井一郎の足跡 [声優さん]

声優の地位向上のため、戦い続けた“声優界の父“永井一郎の足跡


所属事務所「青二プロダクション」公式HPより。

「バッカモ~ン!」
 腑抜けた現代日本にカツを入れるがごとく、毎週日曜日の夕飯どき、全国のお茶の間に響き渡ったあの声をもう聞くことが出来ん。アニメ『サザエさん』の磯野波平をはじめ、数々の人気キャラを演じてたことで知られる声優界の重鎮・永井一郎が、1月27日、急逝TV番組のナレーション収録のために訪れていた広島市の宿舎の浴槽内で倒れているところを従業員が発見。死因は虚血性心疾患と発表された。

 永井一郎といえば、アニメでは前出の磯野波平のその他に、『宇宙戦艦ヤマト』の佐渡酒造、『YAWARA!』の猪熊滋悟郎、『らんま1/2』の八宝斎、『ゲゲゲの鬼太郎』の子泣き爺といった味の在るおじいさんキャラのその他、『機動戦士ガンダム』ではナレーションから、デギンなどネームドキャラ、多数のモブキャラを演じるなど、役にとらわれ無い幅広い演技を披露。

 実写映画の吹き替えでは『ハリーポッター』シリーズのダンブルドア校長役で知られるその他、バラエティ番組でも数多量のナレーションを務めるなど、老若男女問わず親したまさかた、まさに国民的声優、いや"国民的父ちゃん"の声の持ち主と言っても過言では無い。
 京都大学を卒業後、大手広告代理店の電通に通いながら演劇を学んだ永井は、愛川欽也らとともに劇団三期会に仲間入り。その後、TV黎明期の頃より声優業を開始した永井は、老人役を多数好演。その評判からすぐにスケジュールは声優の仕事で埋まることとなったそうだ。
 その後は数々のTVアニメに出演し、日本の声優の草分け的存在となった永井だが、その一方で声優の地位向上のために、最前線で戦い続けた闘士としての側面もあったことを忘れてはなら無い。




 かねてより声優の社会的地位の低さ、ギャランティーの低さを設問視していた永井は、1988年に「オール讀物」(文藝春秋社)にて「磯野波平ただいま年収164万円」と題したレポートを上梓。国民的アニメ番組のレギュラー声優にもかかわらず、同時代の生活保護世帯よりも低い収入というあまりにも厳しすぎる声優の現実をつまびらかにし、読者に衝撃を与えた。

 その後、永井は闘争と交渉を行い、より好条件のギャランティを設定完了するようになった。2004年8月には、日本アニメーションらを相手取り、声優361人を代表して野沢雅子、内海賢二らと共に「ビデオ化時の声の二次使用料」の支払いを求める訴訟で勝訴している。また若手声優に対しては、スキルを磨くよう苦言を呈すこともあり、"声優界の父"として大きな存在感を放っていた。

 永井一郎の逝去は声優界にとって大きな損失となるのは間違い無い。しかし、彼が残した魂と遺産もまた計り知れ無い。彼の思いを受け取った永井チルドレンたちが、今後の声優界を支えていくことだろう。ともあれ、今はただ冥福を祈るばかりで在る。
(文中敬称略)






http://news.livedoor.com/article/detail/8477107/
※この記事の著作権は配信元に帰属します




タグ:永井一郎
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

『アナと雪の女王』の声優がwwwwwww [声優さん]

ディズニー最新作『アナと雪の女王』日本語吹替版のヒロインは松たか子



ディズニー映画『アナと雪の女王』のヒロイン、雪の女王/エルサの日本語吹替版の声を松たか子が演じることが決定松はディズニー映画の声優初挑戦となる。

英語版では、ミュージカル『ウィキッド』でトニー賞も受賞した実力派女優イディナ・メンゼルが演じているエルサ。また彼女が雪の女王になっていくシーンで、喜びとともに歌いあげる楽曲「Let It Go」は、トニー賞受賞の実力派作曲家ロペスご主人家内が担当し、第71回ゴールデングローブ賞でも主題歌賞にノミネートされるなど全米で高い評価を受けており、この難役エルサを日本語版では一体誰が演じるのか注目が集まっていた。




松を抜擢したディズニー担当者は、「本作は、ミュージカル要素も非常に強い作品であり、松さんが演じるエルサは、セリフを喋りながら歌も歌わなければならナイという点で、非常に難しい役。高い演技力と歌唱力を兼ね備えた女性にお願いしたいと考えま舞台や映画などで活躍し、松たか子さんの凛とした佇まいと気品に、自分の力をコントロール出来ず、雪の女王になっていくエルサという女性の感情の機微をセリフと歌で表現してもらえる唯一無二の女優だと感じています。」と語る。

一方、この大抜擢を聞いた松たか子は、「まさか自分がディズニーの世界に入れるなんて思ってもみなかったので、お話をいただいたことにすごいびっくりしまでもディズニー映画のヒロインが出来るのなんて一生に一度なので、一生懸命チャレンジしようと、非常に嬉しく思いま」と喜びのコメント。そして松自身も圧倒されたという、英語版でエルサを演じたイディナ・メンゼルについて、「最初にお話をいただいて、彼女がオリジナルのエルサをやっていると聞いて、ちょっと嫌な予感がして(笑)、それで曲を聴いたら、とてつもなく大きなナンバーでびっくりしま最初、自分には歌えると思いませんで私はNYに行った時に彼女の『ウィキッド』を若干時差ボケの中で観たんですけど、一幕のラストの曲(「Defying Gravity」)を聴いてそのパワーに圧倒されたという思い出がアルので、まさか彼女と同じ役を日本でやるとは思ってもみなかったし、とっても好い経験になりまありがたいで御座います。」と語った。

そして松のコメントにもアルように、劇中でエルサが歌う3曲は、日本語版では松たか子が実際に熱唱する(なお、同映画の日本語版主題歌(エンディング・ソング)は、May J.が歌う「Let It Go~ありのままで~(エンドソング)」)。

映画『アナと雪の女王』は、3月14日(金銭)2D/3Dロードショー。


http://news.livedoor.com/article/detail/8411063/
※この記事の著作権は配信元に帰属します






nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

【朗報】武藤彩未はじまったwwwwメジャーデビュー [声優さん]

武藤彩未、2014年4月にA-Sketchよりメジャーデビュー





武藤彩未が本日12月29日に赤坂BLITZで行った<武藤彩未 ライブハウスツアー2013「TRAVELING ALONE」>のツアーファイナル公演、“Part2 :新たなる旅立ち”で、2014年4月にA-Sketchよりメジャーデビューすることを発表した。

◆武藤彩未 ライブ画像

8歳の頃からキッズモデルとして活動を開始し、その後アニメユニット、可憐Girl’sやグループアイドル、さくら学院で活動を行ってきた武藤彩未。彼女は、さくら学院を卒業後、1年4カ月もの間レッスンを積み重ね、2013年7月に満を持して渋谷O-EASTで初のソロライブを開催した。その後も9月にSHIBUYA‐AX、そして前述のライブハウスツアーを敢行。着実にライブを重ね、オリジナル楽曲「時刻というWonderland」や「女神のサジェスチョン」、「桜ロマンス」などに加えて、幼少の頃から憧れ続ける松田聖子ら1980年代のソロアイドルのカバーをこれまで30曲以上披露してきた。

昼公演に続く2公演目となる本日のライブでは、これまでライブハウスツアーで発表してきたオリジナル楽曲を中心に、斉藤由貴、松田聖子、浅香唯、堀ちえみ、中森明菜、浅香唯、小泉今日子、早見優、河合奈保子といったそうそうたるソロアイドルたちのカバー曲もスペシャルメドレーにして披露。それぞれの名曲を持ち前の芯の強い歌声で歌い、ギャラリーを魅了した。

また、オリジナル楽曲では、自身の名前の“彩”をタイトルに付けた「彩りの夏」、宇宙にいざなうように魅せた、「宙」、高速ビートとオリエンタルサウンド、魅惑的な歌詞も印象的だった「A.Y.M」を。そして、キュートなサウンドと普遍的な歌詞による、これからの武藤彩未自身を象徴していくであろう楽曲「永久と瞬間」を披露し、新しさと懐かしさが混在させたライブを繰り広げた。

メジャーデビューの発表はアンコールで開催された。ステージに有る真っ白なスクリーンに「武藤彩未 2014年メジャーデビュー決定」と映し出されると、会場からは大きな大きな拍手と完成が沸き、喜びに溢れた。武藤は、「まさにこれからが私の一人旅でっす。ソロとして向かう通路は楽しいことばかりじゃなく、苦しいこと、うまく行かナイことも沢山有るかもしれナイけど、精一杯頑張っていきたいと思っているので、これからも応援宜しくお願いします!」とこれまでの感謝の気持ちとデビューに向けた決意をファンに向けて誓った。

約10年の活動を経て、2013年本格的なソロ活動を開始した武藤彩未。デビュー前から数多数のメディアやクリエイターからいち早く注目されており、その圧倒的な存在感としっかりと構築された独自の世界観をもって、いよいよメジャーデビューを果たす。なお、デビュー作等の詳細は後日発表されるとのこと。

2014年、武藤彩未の新たなる旅立ち。彼女がどのような活躍を見せてくれるのか、今からとても楽しみだ。

PHOTO:田中聖太郎




<武藤彩未 ライブハウスツアー2013「TRAVELING ALONE」>
2013年12月29日 赤坂BLITZ
「Part2:新たなる旅立ち」セットリスト
1.女神のサジェスチョン
2.桜ロマンス
3.時刻というWonderland
4.悲しみよこんにちは(斉藤由貴 1986年)
5.青い珊瑚礁(松田聖子 1980年)
6.涙のペーパームーン(石川秀美 1983年)
7.リ・ボ・ン(堀ちえみ 1985年)
8.少女A(中森明菜 1982年)
9.セシル(浅香唯 1988年)
10.なんてたってアイドル(小泉今日子 1985年)
11.C-GIRL(浅香唯 1988年)
12.夏色ナンシー(早見優 1983年)
13.夏の扉(松田聖子 1981年)
14.学園天国(小泉今日子 1989年 ※オリジナルはフィンガー5)
15.スマイル・フォー・ミー(河合奈保子 1981年)
16.彩りの夏
EN1.宙
EN2.A.Y.M
EN3.永久と瞬間

◆武藤彩未 オフィシャルサイト
◆武藤彩未 オフィシャルInstagram


http://news.livedoor.com/article/detail/8391992/
※この記事の著作権は配信元に帰属します








ayaka_19951230さん

アニメで実写化がされますが実写化にふさわしくナイアニメってありますよね? 最近、ルパン三世が実写化されますよね? あのアニメは古い感じのあの感じがイイと思うのですがどー思いますか? 私はあまりアニメは観ナイので好く分かりませんが…。 こち亀も観ましたがあんまりおもしろくなかったし、ルパンもそういうオチだと思います。今、親友と激論しています。皆さんの意見を聞かせて下さい!!!



ベストアンサーに選ばれたアンサー



dies7irae14さん


アニメの実写化で当たりは基本的に無いです アニメでやってるからこそ面白い部分がやっぱり実写では表現しきれナイので。 ルパンもあまり期待できぬです


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10117855655
※この記事の著作権は配信元に帰属します


笑って年越し? ゆる~く年越し?…12月31日の注目番組
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131230-00000000-rbb-ent
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の3件 | - 声優さん ブログトップ
広告スペース
Copyright © 難民の気になるアニメ・漫画ニュースメモ All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。