So-net無料ブログ作成

トップインフォメーション

ディズニー ブログトップ

松たか子が歌う『アナと雪の女王』劇中歌「Let It Go」映像公開 [ディズニー]

松たか子が歌う『アナと雪の女王』劇中歌「Let It Go」映像公開

http://youtu.be/AoUxjQOQW7A ※映画『アナと雪の女王』松たか子が歌う本編クリップ





 ディズニー・アニメーション・スタジオ最新作『アナと雪の女王』にて、同作の代表曲である「Let It Go」を松たか子が歌う日本語吹き替えバージョンの映像が公開された。

同作は、運命に引き裂かれた姉妹を主人公に、凍った世界を救う"真実の愛"を描いたスペクタクル・ファンタジー作品。アンデルセン童話の傑作『雪の女王』にインスピレーションを得て制作されたものだ。

このたび公開された映像で松が歌っている「Let It Go」は、劇中で松が声優を務めるエルサが閉ざしていた心を解放し、心の奥深い感情を表現する楽曲。松は、同作の英語版で同楽曲を歌っているブロードウェイ女優 イディナ・メンゼルと同じキーでこの曲を歌いこなしているという。映画『アナと雪の女王』は、3月14日より、2D/3D公開。


http://news.livedoor.com/article/detail/8491385/
※この記事の著作権は配信元に帰属します











アナと雪の女王の「let it go」の英語の歌詞を教えてください







ベストアンサーに選ばれた回答


guchandosuさん


Verが何通りかあるようですが
映画館で現在流れている劇中Verは以下の通りです

“Let It Go” THE SNOW GLOWS WHITE ON THE MOUNTAIN TONIGHT, NOT A FOOTPRINT TO BE SEEN. A KINGDOM OF ISOLATION AND IT LOOKS LIKE I'M THE QUEEN. THE WIND IS HOWLING LIKE THIS SWIRLING STORM INSIDE. COULDN'T KEEP IT IN, HEAVEN KNOWS I TRIED. . . DON'T LET THEM IN, DON'T LET THEM SEE, BE THE GOOD GIRL YOU ALWAYS HAVE TO BE. CONCEAL, DON'T FEEL, DON'T LET THEM KNOW. WELL, NOW THEY KNOW. LET IT GO. LET IT GO. CAN'T HOLD IT BACK ANYMORE. LET IT GO. LET IT GO. TURN AWAY AND SLAM THE DOOR. I DON'T CARE WHAT THEY’RE GOING TO SAY. LET THE STORM RAGE ON. THE COLD NEVER BOTHERED ME ANYWAY. IT'S FUNNY HOW SOME DISTANCE MAKES EVERYTHING SEEM SMALL. AND THE FEARS THAT ONCE CONTROLLED ME CAN'T GET TO ME AT ALL. IT'S TIME TO SEE WHAT I CAN DO, TO TEST THE LIMITS AND BREAK THROUGH. NO RIGHT, NO WRONG, NO RULES FOR ME...I'M FREE! LET IT GO! LET IT GO! I AM ONE WITH THE WIND AND SKY. LET IT GO! LET IT GO! YOU'LL NEVER SEE ME CRY. HERE I STAND AND HERE I'LL STAY. LET THE STORM RAGE ON.... MY POWER FLURRIES THROUGH THE AIR INTO THE GROUND. MY SOUL IS SPIRALING IN FROZEN FRACTALS ALL AROUND. AND ONE THOUGHT CRYSTALLIZES LIKE AN ICY BLAST I'M NEVER GOING BACK, THE PAST IS IN THE PAST! LET IT GO! LET IT GO! AND I'LL RISE LIKE THE BREAK OF DAWN. LET IT GO! LET IT GO! THAT PERFECT GIRL IS GONE. HERE I STAND IN THE LIGHT OF DAY. LET THE STORM RAGE ON!! THE COLD NEVER BOTHERED ME ANYWAY.



映像と共に聴くと鳥肌立っちゃいました

ちなみに「Let It Go」とは
ニュアンス的に
「もうどうでもいいの!」
「諦めるしかないの!」
的な使い方をするようです。
このニュアンスと歌の意味がストーリーに
どう関わるのかが私は気になるところですd(^_^o)






http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14118729389
※この記事の著作権は配信元に帰属します

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

“雨”の表現にみるディズニー/ピクサーの進化 短編アニメ『ブルー・アンブレラ』 [ディズニー]


■ ディズニー映画の話題






映画『モンスターズ・ユニバーシティ』(7月6日公開)と同時上映される『ブルー・アンブレラ』の特別映像を公開 (C)2013 Disney/Pixar. All Rights Reserved.  梅雨の季節にふさわしいディズニー/ピクサーの短編アニメ『ブルー・アンブレラ』の特別映像がこの程度公開された。映画『モンスターズ・ユニバーシティ』(7月6日公開)と同時上映されるこの短編の特徴は、現実を写した実写の映像よりも現実の持つリアルさを実感させてくれる“雨”の表現だ。

短編アニメーション『ブルー・アンブレラ』特別映像




 雨が降り始めた都会の街角で、信号待ちの時に出会った“青い傘”と“赤い傘”が繰り広げるラブストーリー。離れ離れになってしまう彼らを後押しするのは…。雨によって奏でられるミュージックと共に、信号やゴミ箱までも生き生きとさまざまな表情を見せていく。

 ディズニー/ピクサー史上、さらにもリアルな表現に挑戦した意欲作。ベルリン映画祭でプレミア上映され、その実写と見紛う表現が注目を浴びた。メガホンをとったのは、『カーズ2』、『トイ・ストーリー3』などのカメラやレイアウトを担当したサーシャ・アンセルド監督。ドイツで生偶さか育った彼は「ハンブルグには良く雨が降る。僕は雨が大好きだ!」と語る。

 リアルな描写についてアンセルド監督は「究極的にはストーリーがこのスタイルを求めていたんだ。都会が雨によって魔法のような場所に変わる。魔法のような要素を、奇跡の瞬間を強調するためにはマジカルな世界に入る前に、現時的な世界をしっかり描くことが重要だった。世界をマンガ的に描写してしまってはこの効果が得られ無い」と説明。

 「僕はプレゼンのとき街の中で人間の顔に見えるものを幾つかiPhoneで撮って、表情をアニメートして10秒の動画を披露しました。ジョン(・ラセター)とエド(・キャットマル)は『ぜひっ実写的なリアリズムを持ったアニメをやろう!』とあっさり決まったからね」と進取の姿勢という意味でもピクサーらしい作品となっている。

 『ブルー・アンブレラ』と同時上映の『モンスターズ・ユニバーシティ』(ダン・スキャンロン監督)は、世界的なヒット作『モンスターズ・インク』(2001年)で大活躍したマイクとサリーの学生時代を描いた前日譚。最恐コンビ誕生 の、驚くべき秘密が明かされる。すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ外部サイト
新海誠監督「3人目のキャラクターは雨」 新作『言の葉の庭』に込めた想い (13年05月31日)飛行機キャラが大空を舞う ディズニー/ピクサーの新作が12月公開 (13年06月04日)『シュガー・ラッシュ』ディズニー・アニメ最速23日目で200万人突破 (13年04月16日)関連ワード:ピクサー ディズニー カーズ2 奇跡 モンスターズ・インク


http://news.livedoor.com/article/detail/7771963/
※この記事の著作権は配信元に帰属します

( ・∀・)<なんだかんだでディズニーは、いい映画つくるよねえ。
( ・∀・)<CGになってしばらくは嫌だったけど、もう慣れたねっ!




【Disneyzone】【DVD】 モンスターズ・インク

【Disneyzone】【DVD】 モンスターズ・インク
価格:1,439円(税込、送料別)



( ・∀・)<これがおすすめ





夏休みに向けてこんなのもいいね!
ディズニーリゾート

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
ディズニー ブログトップ
広告スペース
Copyright © 難民の気になるアニメ・漫画ニュースメモ All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。