So-net無料ブログ作成
検索選択

トップインフォメーション

映画「魔女の宅急便」“見習い魔女”の小芝風花 [映画]



“見習い魔女”の小芝風花、初挑戦のフォンダン・ショコラはブサイクな愛猫ジジ




■「フォンダン・ショコラ」を作った小芝風花

女優の小芝風花が2月10日、映画初出演で主演に抜てきされた「魔女の宅急便」のキャンペーンのため、都内の料理学校でバレンタインに向けた「フォンダン・ショコラ」作りに挑戦しました。

毎年、バレンタインにはチョコを手作りし、昨年は大阪生偶さかとあってたこ焼き器で焼いたホットケーキにチョコをまぶしたショコラを振る舞ったという小芝。しかし、フォンダン・ショコラは初挑戦で、「なんでチョコがケーキから流れ出てくるのか分から無い。不器用なのがばれ無いか、バクバクします。うまく作れたら、清水崇監督にプレゼントしたい」と気を引き締めた。

フードインストラクターの「混ぜて、焼くだけ」というシンプルな指導の下、溶かしたチョコに卵や薄力粉を次々に投入し、泡立て器で懸命にかくはん。型にはめて焼き上がったケーキに、映画で相棒となるネコのジジをイメージしたトッピングを施し、「ブサイク~。でもイイ感じ」と自画自賛だ。




しかし、試食の段階になって“ジジを食べる”ことに気づき思案顔。それでも、「中はしっとりで、外はサクサク。すっごく、おいしい。こんなに簡単においしく完了するとは思っていなかった」と笑みをはじけさせた。

「魔女の宅急便」は角野栄子さんの原作で、宮崎駿監督のアニメでも知られる童話の実写映画化。見習い魔女のキキが、修業のために人間が住む町で生活し、さまざまな試練を乗り越えて成長していく姿を描く。



3月1日の公開まで1カ月を切り、小芝は「撮影が終わって半年以上有ると思っていたのにあっという間で、楽しみでもあり不安も少しあって、いろんな感情がまざり合っています」と正直な心情を吐露。そして、チョコ作りに参戦した同世代の女子高生たちに「独り立ちがテーマなので、新しいものに挑戦することに共属意識してもらえる部分も多いと思う」とアピールしていた。

ちなみに、できたてのフォンダン・ショコラをプレゼントされた清水監督は「普通においしい」と感想。それでも、「今後の女優業を考えたら、少し甘すぎ無いか」とエールも忘れなかった。





■関連記事

実写「魔女の宅急便」予告編第2弾公開 動いて話すジジの姿が初披露
実写版「魔女の宅急便」黒猫ジジは「けいおん!」寿美菜子!
実写「魔女の宅急便」初の本編映像を含む予告編登場 主題歌は倉木麻衣に
武井咲&剛力彩芽らオスカー美女9人、晴れ着姿で2014年モード
本田望結&小芝風花“氷上”共演! ドラマでフィギュアの実力披露


http://news.livedoor.com/article/detail/8523883/
※この記事の著作権は配信元に帰属します



映画『キャプテンハーロック』がフランスとイタリアで大ヒット! [映画]


映画『キャプテンハーロック』がフランスとイタリアで大ヒット!



フランスとイタリアで大ヒット中の『キャプテンハーロック』 (C) LEIJI MATSUMOTO/CAPTAIN HARLOCK Film Partners

松本零士原作の『宇宙海賊キャプテンハーロック』をCGアニメ作品として30年ぶりに映画化し話題を集めた『キャプテンハーロック』が、フランスとイタリアで大ヒットしていることが、本作製作の東映アニメーションより発表された。

・[動画]『キャプテンハーロック』予告編

http://www.youtube.com/watch?v=FAch4diQRgY

フランスでは昨年12月25日に237スクリーンで公開され、公開初日には4万4929人を動員。フランスでこれまでに公開された日本映画としては歴代1位のオープニング記録を樹立したという。評判なスタートに、その後スクリーン数は255まで拡大され、現時点での興行成績は830万ドル(約8.4億円/1ドル102円計算)、動員数は70万人を突破している。

また、イタリアでは今年1月1日に260スクリーン規模で公開され、イタリア映画『Un Boss in Salotto』やディズニーアニメ映画『アナと雪の女王』に続く3位デビューと大健闘。スクリーン数も282まで拡大され、こちらの現時点での興行成績は680万ドル(約7億円)、動員数は61万人を超えるなど、イタリアでこれまでに公開された日本映画の歴代1位の興収となる快挙を達成したという。

『キャプテンハーロック』のブルーレイとDVDは2月21日にリリースとなる。






http://news.livedoor.com/article/detail/8488946/
※この記事の著作権は配信元に帰属します





『アナと雪の女王』観客が一緒に歌えるバージョンが凄い!! [映画]

『アナと雪の女王』観客が一緒に歌えるバージョンが全米公開へ




 ディズニーアニメの話題作『アナと雪の女王』で、観衆が一緒に歌を歌えるシング・アロング・バージョンが現地時刻31日より全米公開されることがわかった。Deadline.comなどのメディアが伝えている。

 全米約1,000館の劇場で上映されるこのバージョンは、画面上に歌詞が表示され、雪片がMusicに合わせて歌唱部分を指し示すというもの。ギャラリーが劇場でも思わず歌いたくなってしまうような参席型の企画となっている。

 今回の企画は、本作やサウンドトラックのヒットを受けてのもの。ウォルト・ディズニー・スタジオの配給担当副主任デイヴ・ホリスは「ファンの方々は、本作のオリジナル曲やサウンドトラックに愛情を抱いてくれている。その熱い思いを祝福するためのバージョンを作ろうということになった。家族がみんなで楽曲を楽しめる素晴らしい機会になっている」とコメントしている。

 Billboardのチャートによると、『アナと雪の女王』のサウンドトラックは50万枚を超えるヒットを記録しており、映画のサウンドトラックとしては『レ・ミゼラブル』以来の1位を獲得。また楽曲「Let It Go」が第86回アカデミー賞歌曲賞部門にノミネートされるなど、Musicが作品に欠かせ無い魅力となっている。『アナと雪の女王』の日本公開は3月14日予定。(山口浩太)





http://news.livedoor.com/article/detail/8460579/
※この記事の著作権は配信元に帰属します






広告スペース
Copyright © 難民の気になるアニメ・漫画ニュースメモ All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。