So-net無料ブログ作成

トップインフォメーション

コミケの日本テレビブースwwwwwwwww [アニメ]

【コミックマーケット85】日本テレビブースレポート! 人気アニメ『HUNTER×HUNTER』や『GJ部』のグッズが登場!



2013年12月29日、コミックマーケット85の第1日目が開催され、同人誌即売会会場は勿論、コスプレ広場、企業ブースは大いに賑わっていた。ここでは、企業ブースに出展した日本TVブース(No.243)の様子をお届けしよう!

【【コミックマーケット85】日本TVブースレポート! 人気アニメ『HUNTER×HUNTER』や『GJ部』の商品が登場!】の写真付き記事はこちら


●放送中の人気アニメ&2014年の新番組が勢ぞろい!

 日テレブースは、同局で放送中の人気アニメ『はじめの一歩 Rising』、つい先日最終回を迎え、2014年1月が2期放送も決定した『てさぐれ!部活もの』、2014年春放送される特番『GJ部@』、2014年1月新番『犬猫アワー 47都通路府犬R&にゃ~めん』のイラスト看板が目印だ。

 向かって左側面には、TVアニメ放送中で、12月27日に公開したばかりの『劇場版 HUNTER×HUNTER―The LAST MISSION―』のイラストが大きく描かれ、日テレの人気アニメPVが上映されていた。

●数アル商品の中でオススメ商品を紹介!

 販売商品も、第2期製作が決定した『ガッチャマン クラウズ』、『帰宅部活動記録』など人気アニメの商品を販売。ブーススタッフにオススメ商品を伺ったところ『HUNTER×HUNTER』商品(「日テレ限定 ラバーマスコットセット」「コミケ限定 Tシャツ」)、『GJ部』商品(「日テレ限定&コミケ限定特典付き GJ部2014年A2暦」他)をオススメしてくれた! その他の商品詳細は、下記の「日テレ コミケ85出展情報」を参照してほしい!

>>日テレ コミケ85出展情報

[取材&文・小俣猛]


http://news.livedoor.com/article/detail/8394105/
※この記事の著作権は配信元に帰属します








chinpan_panさん



アニメとかで語れるメル友欲しいでする。 中2男子です 補足おもに深夜アニメとかでする。 また、ラノベなどで話せる方でも大丈旦那でする。



ベストアンサーに選ばれたアンサー



tmktuさん


アニメは全般大好きです! アニメがなくなったら死にます! 写真のような感じのアニメだったらだ痛い知っています=3( ´▽`) 学生なのであまりメールは行えぬかもしれませんが、暇になったときのメール相手ぐらいならできますヽ(≧▽≦)ノ


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13118637918
※この記事の著作権は配信元に帰属します


TVアニメ「魔法戦争」第2キービジュアル、スタッフ&キャストのコメント、WEBラジオ情報が到着
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131231-00028016-lisn-musi
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

大ヒットアニメ「進撃の巨人」の主題歌「紅蓮の弓矢」を歌うLinked Horizon [アニメ]

リンホラRevo 初の?“顔見せ”は全身黒ずくめ



出演者顔合わせに登場したLinked HorizonのRevo(I中央  ◇第64回NHK紅白歌合戦リハーサル(2013年12月30日 東京・NHKホール)

 昼すぎに開催された出演者顔合わせで、注目を集めたのが大ヒットアニメ「進撃の巨人」の主題歌「紅蓮の弓矢」を歌うLinked Horizon。

 歌い手のRevo(年齢非公表)はサングラス、ロングコート、ロングブーツと全身黒ずくめのいでたちで登場。メディア露出が極端に少なく、前日のリハーサルでは報通り道陣がシャットアウトされていたため、関係者の間でも「初めて姿を見た」という声が多数聞かれた。


http://news.livedoor.com/article/detail/8394163/
※この記事の著作権は配信元に帰属します








ayaka_19951230さん




アニメで実写化がされますが実写化にふさわしく無いアニメってありますよね? 最近、ルパン三世が実写化されますよね? あのアニメは古い感じのあの感じがイイと思うのですがどー思いますか? 私はあまりアニメは観無いので良く分かりませんが…。 こち亀も観ましたがあんまりおもしろくなかったし、ルパンもそういうオチだと思います。今、友人と激論しています。皆さんの意見を聞かせて下さい!!!




ベストアンサーに選ばれた答え



dies7irae14さん


アニメの実写化で当たりは基本的に無いです アニメでやってるからこそ面白い部分がやっぱり実写では表現しきれ無いので。 ルパンもあまり期待出来ぬです



http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10117855655
※この記事の著作権は配信元に帰属します


リンホラRevo 初の?“顔見せ”は全身黒ずくめ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131231-00000002-spnannex-ent
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

『ハマトラ』のラジオ番組wwwwwwww [アニメ]


収録後には逢坂良太さん&羽多野 渉さんにインタビューも! テレビアニメ『ハマトラ』のラジオ番組「ハマトラジオ from カフェノーウェア」収録現場レポート





2014年の横浜を舞台に、“ミニマム”と呼ばれる特殊能力を持つ主人公たちが怪事件に挑む、TVアニメ『ハマトラ』が1月7日から順次放送スタート! これに先駆け、本日12月29日(日)から、ラジオ大阪にて「ハマトラジオ from カフェノーウェア」もオンエア! レギュラーパーソナリティは、ナイス役・逢坂良太さんと、ムラサキ役・羽多野 渉さんだ。そこで、ラジオの収録現場に潜入し、取材を行った。

【収録後には逢坂良太さん&羽多野 渉さんにインタビューも! TVアニメ『ハマトラ』のラジオ番組「ハマトラジオ from カフェノーウェア」収録現場レポート】の写真付き記事はこちら



●アニメ本編のオンエアがますます楽しみになる! ラジオ収録現場に密着!

 「いらっしゃいませ」、「ようこそお越しくださいました」。そんなふたりの挨拶からはじまったこのラジオ。これは、「カフェノーウェア」という、劇中に登場する喫茶店からお届けしているという設定からきているそう。そのため、リスナーはカフェに来たお客さんという位置づけ。「だから、飲み物でも飲みながらね」と、ラジオの聴き方を提案する逢坂さんに、「飲んでイイのかな~? ひと口飲んだらブーッ!!て(なっちゃうかも)。ぼくらの抱腹絶倒のトークで」と返す羽多野さん。ハードルを上げて挑む収録……果たして!?

 その後は、本作について解説する「ハマトラってな~に?」のコーナーへ。「絵柄は可愛んだけど意外にシリアス」、「PVではコメディっぽいテイストに見えるかもしれナイけど、そういうわけでもナイ」と世界観を説明したその他、「『俺たちが横浜のために立ち上がるんだ!』みたいなアツさが全くナイ」という“正義漢ではナイ(?)”キャラクターたちの立ち位置などにも触れられた。

 また、『週刊ヤングジャンプ』で連載中のマンガ版『ハマトラ』については、TVアニメより少し前(ナイスとムラサキがコンビを組む以前)の世界が描かれているとあって「アニメよりもちょっと青い。ムラサキなんてアニメはクールなんだけど、こっちだとものすごいイキった感じ」とのこと。マンガ版を読むことで、よりハマトラの世界に浸れそうだ。さらに、同誌連載中で羽多野さんが『ハマトラ』同様注目している様子の『ボクガール』についても触れられるなど、終始和やかなムードで収録は進む……。

 さらにキャラクターについては、「ナイスが天才だとすると、ムラサキは秀才」、「感情移入完了するのはムラサキのほうかも」と、ふたりが演じるキャラや、アート、はじめ、コネコ、ハニー、レシオらにも。とくに医者レシオ(CV:中村悠一さん)については、羽多野さんが「第一話、レシオめっちゃかっこイイです」と言うと、逢坂さんも「レシオッ!! これねえ……!」とエキサイト気味。どうやら劇中でのアクションがキーのようなのだが……ぜひっ本編で確認したいところだ。

 ふつおた紹介では、「おふたりの探偵のイメージって?」のその他、本作の舞台で在る横浜について「おふたりはどのくらい詳しいですかね?」というものも。実は昔、横浜近辺に住んでいたことが在るという逢坂さん。「ビッグネームなgameセンターがありまして。そこの音ゲーが……」と言った話題から、プリントシール機について「最近のはすごいらしいね!」と話をふくらませていた。

 一方の羽多野さんも、「車を買ってすぐのときって、ドライブしたくて仕方がナイんですよ。でも都内だと近すぎるってなったとき横浜ってちょうどイイ距離」だそうで、とくに免許をとったばかりのころは良く行っていたそうだ。「知っている場所がアニメの舞台になるって嬉しいですね」と、顔をほころばせるふたり。そんな作品に主演できているというのは、超感慨深いものなのかもしれナイ。

 続いて執り行われたのは「起こせミニマム!」のコーナー。リスナーから寄せられた「○○なミニマム、起こしてください!」といったお題について、ふたりが全力で立ち向かう、いわゆる無茶ぶりコーナーだ。ともあれ、今回の収録は序盤でも在ることから、ひとまずは今後来るゲストを手厚くもてなす(!?)ための「奇跡のオリジナルドリンク」を作成!

 傍らに置かれたミキサーに、順々に入れられていく食材たち。最初のうちは“ぶどう”“りんご”と果物が続き、美味しいドリンクになるかと思われたが、だんだんと様子がおかしくなっていき……。仕上がったのは果たして!? 制作の過程と、味見してみたふたりのリアクションは、本放送でお楽しみあれ!

 そして、ドリンクのダメージを少々引きずりながら「それ、ナイスだね!」のコーナーへ。リスナーから寄せられた、逢坂さん&羽多野さんが思わず「ナイス!」と言ってしまいそうなエピソードを発表していく。ふたりはそれぞれに“ナイスボタン”を持っており、押された回数でナイス度を判定するというものだ。ここでは、羽多野さんがボタンを一心不乱に連打してしまうお便りが寄れられたのだが……!? 一体どんな内実だったのかは、こちらも本放送を要チェック!

 ちなみに、今回の収録では行われなかったが、このその他にもコーナーが。ムラサキのセリフとかけた「どうやら、選択肢が在るらしいな」のコーナーでは、逢坂さん&羽多野さんが頭を悩ます“究極の選択”的お題を、「ハマトラアイデア箱」では、商品展開や行事などでやってほしいアイデアを募集しているという。

 また、月替りでお題が変わる推理コーナー「探偵試験」は、リスナーだけでなく、パーソナリティのふたりも一緒になって謎を解いていくもの。毎回様々なコーナーで楽しませてくれそうな「ハマトラジオ from カフェノーウェア」。ラジオ大阪でのオンエアのその他、WEB配信も行われるので、ぜひっ聴いてみてほしい!



●「リスナーさんにとっても『ナイス!』な番組になれば」。メインパーソナリティー・逢坂さん&羽多野さん収録直後インタビュー

――まずは、収録を終えての感想をお願いします!

ナイス役・逢坂良太さん(以下、逢坂):羽多野さんは、僕からするとほんとに大先輩で、なに言ってもフォローしてくれるので。羽多野さんがいれば大丈旦那だ、これから先楽しくやれそうだというのはほぼ確信しました!

ムラサキ役・羽多野 渉さん(以下、羽多野):いやいや……(と、照れながら)。そもそもふたりでラジオパーソナリティっていうのがはじめてなんでやんす。何人か居るなかに仲間入りしてるっていうのはあったんですけど。でもハマトラ関係の取材やアフレコ現場で話を良くしていたりはするので、その延長線上にラジオのトークが在るのかなと思っています。ラジオだからといってあまりかしこまってはいナイかな。

逢坂:そうですね。在る意味、僕たちが普段話してるムードがラジオでも出てるのかなっていう感じですね。

羽多野:うん。素の感じだったね。

――そんなトークに加えて、いろんなコーナーも在るのでリスナーもより楽しめそうですね。

逢坂:リスナーさんからのメールを基に動いていくコーナーが多いですからね。“リスナーさん仲間入り型のラジオ番組”って言うのがいちばん正しいんじゃナイかなって思うくらい。

羽多野:そうそう、ムチャぶりのコーナーも在るし(『起こせミニマム!』のコーナー)。僕ね、いつか「先輩後輩の立場が逆転する」っていうのをやってみたいんだよね。僕が「逢坂さん! おはようございます!」って言ったら、逢坂くんは上から目線で「おう」みたいな(笑)。そういうのも、リスナーさんが送っていただければ完了するかもしれナイので。

逢坂:ですね! リスナーだけなさんも、僕たちにガンガンぶっ込んでいただければと思います。

羽多野:僕たち、割と許容量の在るふたりなので (笑)。謎の人物からのヒントを頼りに、リスナーだけなさんが答えを導いていくっていう、推理コーナーが在るんですけど(『探偵試験』のコーナー)。これはリスナーさんだけじゃなくて僕らもガチでやってるので、みんなで一緒になって楽しんでいきたいですね。

――また、今回の収録では今後来るであろうゲストへの“ウェルカムドリンク”も作りましたが?

羽多野:まあ……健康には良いですからね……(ボソリと)。ただ、神谷(浩史)さんがもしゲストで来たら、ウェルカムドリンク飲むとき僕ちょっと退出してるかもしれナイ。

逢坂: (食い気味で)ちょっと……!!

羽多野:あははは! 先輩に怒られるのは得意じゃナイので。

逢坂:僕だって得意じゃナイですよ!(笑)

羽多野:というのも僕、一度ゲストで呼んでもらったラジオ番組で、あまりに下ネタをぶち込みすぎちゃって、神谷さんに怒られたことがあって。それ以来……(笑)。でもそんなことを言いながら、本番が終わったら「面白かったよ!」って言ってくださったんですけど。だからきっと大丈旦那だと思います! 勇気をもって、ぶち込んでいこう!

逢坂:はい! わかりました!!(決意の表情で)

――ドキドキハラハラな展開が期待できそうですね……。では、最後に、アニメはもちろんラジオも楽しみにしてるみなさんに向けてメッセージをお願いします!

逢坂:『ハマトラ』に関しての話も当然していきたいと思いますが、ぜひっ今後は、僕が羽多野さんに対していろいろとぶっ込んでいくあたりも、楽しみにしてもらイタイですね(笑)。あとはもちろん、リスナーさんからのお便りにかかっているところも在るので、みなさんと一緒に楽しくしていければと思います。4649お願いします!

羽多野:アニメの『ハマトラ』は、絵柄は可愛らしいんですが、扱っているドラマが非常にシリアスというところが見どころの作品なんでやんす。その世界観を継承しつつ、ラジオはラジオで独自の面白さを作っていきたいですね。ラジオでは、みなさんからのお便りに僕らが「ナイス!」判定をするコーナー(『それ、ナイスだね!』のコーナー)がありますが、番組自体もリスナーさんにとって「ナイス!」な番組になればイイなと思います。アニメとあわせて、ラジオのほうも4649お願イイたします!

――作品と絡めてキレイにシメていただいてサンキューございます。

羽多野:サンキューございます! 100点満点だと僕も思いました!(笑)

一同: (爆笑)

――アニメもラジオも楽しみにしています。サンキューございました!



<ハマトラ PROJECT> ■TVアニメ

【放送情報】
TV東京:2014年1月7日から毎週火曜 深夜1:40~
TV大阪:2014年1月10日から毎週金円曜 深夜2:10~
TV愛知:2014年1月8日から毎週水曜 深夜2:35~
AT-X:2014年1月11から毎週土曜 夜8:00~
[AT-X リピート放送]
毎週月曜 午前11:00~
毎週木曜 朝5:00~
毎週金円曜 夕方5:00~
※放送時刻は変更になる場合があります。

【スタッフ】
原案:小玉有起・松舞 夏
原作: カフェノーウェア
総監督:岸 誠二
監督:木村 寛
プロジェクト構成:北島行徳
アニメシリーズ構成:熊谷 純・待田堂子
脚本:熊谷 純
キャラクター原案:小玉有起
キャラクターデザイン:和図 悠
カラーアートディレクション:ファンタジスタ歌磨呂
ミュージック:吉森 信
ミュージック制作:DIVE IIentertainment
アニメーション制作:NAZ「Take Your Way」

【キャスト】
ナイス:逢坂良太
ムラサキ:羽多野 渉
はじめ:加藤英美里
アート:神谷浩史
コネコ:安野希世乃
ハニー:喜多村英梨
レシオ:中村悠一
バースデイ:福山潤
スリー:村瀬克輝
マスター:斧アツシ
ガスケ:秋元羊介
マオ:江口拓也
セオ:岡本信彦
レイ:大橋彩香
その他

【ストーリー】
 “ミニマム”――それは、「小さな奇跡」とも呼ばれるごく限られた人間にだけ先天的に発現する特殊能力。その能力を身に付けた者は“ミニマムホルダー”と呼ばれる……。

 2014年 横浜。ナイスとムラサキのコンビ探偵“ハマトラ”は、事務所としてテーブルを間借りしているカフェ・ノーウェアで仲間たちと一緒に今日も仕事の依頼を待っていた。

 そんな中、2人の元へと舞い込んだ在る依頼が、2人と旧知の間柄の警察官・アートが追いかける「連続殺人事件」と、奇妙な繋がりを見せる。その事件は、犠牲者が全員“能力者(ミニマムホルダー)”というものだった。ミニマムホルダーで在るナイスとムラサキも、否応無しに事件の渦中へと巻き込偶さかて行く…。

 それぞれの思い・願いを叶えるため、「覚悟(エゴ)」を貫き奮闘する若者たちの物語を描く、一筋縄じゃいかナイノンストップアクションが幕を開ける――。





【楽曲情報】
OPテーマ: livetune?adding Yuuki Ozaki(from Galileo Galilei)『FLAT』
EDテーマ:羽多野渉『Hikari』(2014年2月19日発売)

【ラジオ情報】
・「ハマトラジオ from カフェノーウェア」

[放送時刻]
12月29日(日)~毎週日曜日 24時00分~24時30分
ラジオ大阪にて放送 ※WEB配信も決定!

[出演]
逢坂良太(ナイス役)
羽多野 渉(ムラサキ役)

メールアドレスはhamatoradio@obc1314.co.jpでやんす。
現今、メールも募集中。みなさんからのメールをお待ちしております!

■漫画
原作:北島行徳
シナリオ:北島行徳
漫画:小玉有起
出版:集英社 週刊ヤングジャンプ

>>「ハマトラ PROJECT」公式サイト
>>「ハマトラ」公式アカウント
(C)カフェノーウェア/ハマトラ製作委員会


http://news.livedoor.com/article/detail/8391989/
※この記事の著作権は配信元に帰属します










s2_goronyanさん

アニメを一日30分観るのが習慣なのですが、これはオタクですかね?





ベストアンサーに選ばれたアンサー



dsmqmさん


アニメを一日30分観るのでしたら、極めて健全であって”オタク”などではありません。

録画したっていうのに観きれナイアニメが溜まり始めたらオタクでやんす。

ああっ・・・、録画したっていうのに観ていなくて完結してしまったアニメのタイトルが数え切れなくなってしまった(涙!)。

by 極普通のアニメファン



http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12118198397
※この記事の著作権は配信元に帰属します


「鷹の爪」のDLE制作 ジョークアニメ「地下すぎアイドル あかえちゃん」放送開始
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131229-00000010-eiga-movi
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ
広告スペース
Copyright © 難民の気になるアニメ・漫画ニュースメモ All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。