So-net無料ブログ作成

トップインフォメーション

“声優界の父“永井一郎の足跡 [声優さん]

声優の地位向上のため、戦い続けた“声優界の父“永井一郎の足跡


所属事務所「青二プロダクション」公式HPより。

「バッカモ~ン!」
 腑抜けた現代日本にカツを入れるがごとく、毎週日曜日の夕飯どき、全国のお茶の間に響き渡ったあの声をもう聞くことが出来ん。アニメ『サザエさん』の磯野波平をはじめ、数々の人気キャラを演じてたことで知られる声優界の重鎮・永井一郎が、1月27日、急逝TV番組のナレーション収録のために訪れていた広島市の宿舎の浴槽内で倒れているところを従業員が発見。死因は虚血性心疾患と発表された。

 永井一郎といえば、アニメでは前出の磯野波平のその他に、『宇宙戦艦ヤマト』の佐渡酒造、『YAWARA!』の猪熊滋悟郎、『らんま1/2』の八宝斎、『ゲゲゲの鬼太郎』の子泣き爺といった味の在るおじいさんキャラのその他、『機動戦士ガンダム』ではナレーションから、デギンなどネームドキャラ、多数のモブキャラを演じるなど、役にとらわれ無い幅広い演技を披露。

 実写映画の吹き替えでは『ハリーポッター』シリーズのダンブルドア校長役で知られるその他、バラエティ番組でも数多量のナレーションを務めるなど、老若男女問わず親したまさかた、まさに国民的声優、いや"国民的父ちゃん"の声の持ち主と言っても過言では無い。
 京都大学を卒業後、大手広告代理店の電通に通いながら演劇を学んだ永井は、愛川欽也らとともに劇団三期会に仲間入り。その後、TV黎明期の頃より声優業を開始した永井は、老人役を多数好演。その評判からすぐにスケジュールは声優の仕事で埋まることとなったそうだ。
 その後は数々のTVアニメに出演し、日本の声優の草分け的存在となった永井だが、その一方で声優の地位向上のために、最前線で戦い続けた闘士としての側面もあったことを忘れてはなら無い。




 かねてより声優の社会的地位の低さ、ギャランティーの低さを設問視していた永井は、1988年に「オール讀物」(文藝春秋社)にて「磯野波平ただいま年収164万円」と題したレポートを上梓。国民的アニメ番組のレギュラー声優にもかかわらず、同時代の生活保護世帯よりも低い収入というあまりにも厳しすぎる声優の現実をつまびらかにし、読者に衝撃を与えた。

 その後、永井は闘争と交渉を行い、より好条件のギャランティを設定完了するようになった。2004年8月には、日本アニメーションらを相手取り、声優361人を代表して野沢雅子、内海賢二らと共に「ビデオ化時の声の二次使用料」の支払いを求める訴訟で勝訴している。また若手声優に対しては、スキルを磨くよう苦言を呈すこともあり、"声優界の父"として大きな存在感を放っていた。

 永井一郎の逝去は声優界にとって大きな損失となるのは間違い無い。しかし、彼が残した魂と遺産もまた計り知れ無い。彼の思いを受け取った永井チルドレンたちが、今後の声優界を支えていくことだろう。ともあれ、今はただ冥福を祈るばかりで在る。
(文中敬称略)






http://news.livedoor.com/article/detail/8477107/
※この記事の著作権は配信元に帰属します




タグ:永井一郎
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

広告スペース
Copyright © 難民の気になるアニメ・漫画ニュースメモ All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。